FC2ブログ
プロフィール

ひろゑ

Author:ひろゑ
都内在住。
2011年9月より龍笛の稽古に
通いはじめました。

社寺を訪れたり、
草木などの自然を眺めることを
好みます。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1379' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
161

2013.09.23~09.24 伊勢参拝 3

バスは渋滞で30分ほどかかったでしょうか。ようやく憧れの地が見えてきました。鳥居と宇治橋あきらかに外宮以上の参拝客数です。神秘的な雰囲気を味わうには早朝に来るしかないか…笛の音が遠鳴りしているのが聴こえ、神楽祭の会場である内宮神苑に急ぎます。納曽利(「曽」がめくれちゃってますね)ううー、渋滞による遅れで振鉾(えんぶ)と蘭陵王(らんりょうおう)には間に合いませんでした。ちょうど納曽利(なそり)が始まっ... バスは渋滞で30分ほどかかったでしょうか。<br />ようやく憧れの地が見えてきました。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/201403222256142b6.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/201403222256142b6.jpg" alt="small2013.09 内宮1" border="0" width="420" height="315" /></a><br />鳥居と宇治橋<br /><br />あきらかに外宮以上の参拝客数です。<br />神秘的な雰囲気を味わうには早朝に来るしかないか…<br />笛の音が遠鳴りしているのが聴こえ、<br />神楽祭の会場である内宮神苑に急ぎます。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140322225633ff0.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140322225633ff0.jpg" alt="small2013.09 内宮3" border="0" width="420" height="315" /></a><br />納曽利(「曽」がめくれちゃってますね)<br /><br />ううー、渋滞による遅れで振鉾(えんぶ)と蘭陵王(らんりょうおう)<br />には間に合いませんでした。ちょうど納曽利(なそり)が始まったあたり。<br />神苑の美しい緑を背景に、装束や鼉太鼓の色彩が映えるのなんの。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140322225721ed6.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140322225721ed6.jpg" alt="small2013.09 内宮5" border="0" width="420" height="315" /></a><br /><br />真夏ばりの日射のなか、手ぬぐいを頭に載せて鑑賞しました。<br />さすが安定感のある楽と舞。私もがんばろうという気持ちにさせられました。<br />長慶子(ちょうげいし)を聴き終えるといよいよ内宮の御正殿に向かって歩きます。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140322225854373.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140322225854373.jpg" alt="small2013.09 内宮6" border="0" width="420" height="315" /></a><br />五十鈴川<br /><br />手水舎もありますが、五十鈴川で清めるのが昔からの作法です。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/2014032222590802c.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/2014032222590802c.jpg" alt="small2013.09 内宮7" border="0" width="420" height="315" /></a><br /><br />内宮もやはり、遷宮を迎えるにあたり木の屋根が整備されていました。<br />写真でみる景色と全然違う…<br />せめて人気の少ない静かなときに来たいと思い、翌朝の再訪を決めたのでした。<br /><br />旅に出る前にお伊勢まいりハンドブック的な本をいくつか読んだところ<br />内宮の御正宮では感謝の気持ちをお祈りし、願いごとは内宮の荒祭宮でするとよい<br />と書かれていました。<br />私はいつからか神様に願いごとをしなくなっており、その代わり<br />日々の暮らしへの感謝をお伝えすることにしています。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140322230038c5b.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140322230038c5b.jpg" alt="small2013.09 内宮10" border="0" width="420" height="315" /></a><br />左が20年を経た荒祭宮、右が新しい御殿<br /><br /><a href="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140322230112779.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140322230112779.jpg" alt="small2013.09 内宮13" border="0" width="420" height="315" /></a><br />風日祈宮御橋から眺める五十鈴川<br /><br />のんびりゆっくり参拝したあとは、おはらい町に繰り出しました。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140322230150eb3.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140322230150eb3.jpg" alt="small2013.09 内宮15" border="0" width="420" height="315" /></a><br /><br />うわ!こんなに人が多いなんて…!びっくりしました。<br />みやげものを求める人や飲食店に並ぶ人でごった返し。<br />何とか歩みを進めて、行ってみたいと思っていた手こね寿司の名店すし久へ。<br /><br />松竹梅と種類があるようでしたが、手ごろな梅を選択。<br />それでも汁もの、小鉢、漬物がついてきました。<br />甘い酢飯が体に染み渡るようです。<br />それにかつおの切り身の分厚いこと!たれがよく絡んで食がすすみます。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/201403222302222f8.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/201403222302222f8.jpg" alt="small2013.09 内宮16" border="0" width="420" height="315" /></a><br /><br />明日は伊勢うどん、食べたいななどと考えをめぐらせながら<br />宿泊先のある伊勢市駅方面へバスで戻りました。<br /><br />伊勢の夜、行ってみたい場所がありました。<br />おかげ風呂舘 旭湯という銭湯です。<br />毎日二見浦から海水を汲んできて沸かしているというのです。<br />宿泊先で知り合った、自分よりもひとまわり若い一人旅女子と意気投合し<br />二人で旭湯に向かいました。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140322230241b66.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140322230241b66.jpg" alt="small2013.09 内宮17" border="0" width="420" height="315" /></a><br />旭湯 外観<br /><br />外観も内装も昭和の香りがぷんぷんします~。<br />懐かしい安心感のある空間が広がっていました。<br />浴場には普通の大浴槽と、半露天の汐湯があります。<br />さて汐湯に浸かると・・・<br />いつの間にか出来ていたすり傷に塩がしみるぅぅー。(><;)<br />でもすぐ慣れます。体の心までぽっかぽか。湯あたり注意です。<br />BGMに昭和歌謡がかけられ、祭りテイストの提灯が灯り、<br />日常から切り離された異空間風呂でした。おすすめ。<br />牛乳を飲んで、コンビニに寄ってアイスを食べながら宿に帰る。<br />ささいなことですが、とても幸せな気持ちの夜でした。
153

2013.04.21 サロマ湖

北海道は常呂郡にあるサロマ湖は、琵琶湖、霞ヶ浦に次いで日本で3番目の大きさを誇る湖です。私のおばあちゃんはこの湖に程近いところにひとりで暮らしています。昨年晩秋に遊びに行きましたが今回はおばあちゃんが室内で転倒…。「誰か来て欲しい」と珍しく気弱な言葉をはいたのでこれは一大事と思いました。そこで一番身軽な私が代表で送り出されたのです。幸い歩くことは出来、ひと安心。ベッドの寝起きのお手伝いと掃除洗濯が主... 北海道は常呂郡にあるサロマ湖は、琵琶湖、霞ヶ浦に次いで日本で3番目の<br />大きさを誇る湖です。<br />私のおばあちゃんはこの湖に程近いところにひとりで暮らしています。<br /><br />昨年晩秋に遊びに行きましたが今回はおばあちゃんが室内で転倒…。<br />「誰か来て欲しい」と珍しく気弱な言葉をはいたのでこれは一大事と思いました。<br />そこで一番身軽な私が代表で送り出されたのです。<br /><br />幸い歩くことは出来、ひと安心。<br />ベッドの寝起きのお手伝いと掃除洗濯が主な役割になりました。<br /><br />今回は約2週間と滞在期間が長く、時より近くのサロマ湖へ出掛けました。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140301141647c5e.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140301141647c5e.jpg" alt="small201304北海道 (1)" border="0" width="420" height="315" /></a><br />佐呂間別川<br /><br /><a href="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140301141654285.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140301141654285.jpg" alt="small201304北海道 (2)" border="0" width="420" height="315" /></a><br />湖に続く白樺並木<br /><br /><a href="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140301141701254.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140301141701254.jpg" alt="small201304北海道 (3)" border="0" width="420" height="315" /></a><br />川岸のふきのとう<br /><br /><a href="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140301141730d10.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/20140301141730d10.jpg" alt="small201304北海道 (6)" border="0" width="420" height="315" /></a><br />サロマ湖<br /><br />湖名の由来はアイヌ語のサルオマペツ=ヨシが生える川から来ています。<br />ヨシといえば篳篥の蘆舌(ろぜつ)に使われるあの植物。<br />私は篳篥吹きじゃないので見るだけ。勝手に採取してよいものとも思えませんし。(^^)<br /><br />北海道は雄大です。時の流れもゆったり。<br />おばあちゃんの療養のつもりが、自分の心と体の療養にもなりました。<br />約2週間経過したところで母とバトンタッチです。<br />母はこの度退職し、この先の暮らしを考えるときが来ました。<br />北海道で祖母と暮らすのか、それとも祖母が東京で暮らすのか…。<br />いつかこんな日が来ると分かっていたはずなのに、<br />胸がざわめきます。
139

2012.11.22 北海道のおばあちゃんち

80を超える私の祖母は、北海道オホーツク海沿岸の小さなまちに一人暮らししています。前回会ったのは3年前でした。今年は電話するたび「年内に遊びにおいで」と言うので何かを感じ、会いに行こうと決めました。他の家族は都合が合わずひとり旅です。羽田から女満別、女満別から網走、網走からさらに2時間以上の車移動。過去には1日かけて陸路で行ったこともあります。雄大な景色の中をゆく列車旅は素晴らしかったですが、社会人に... 80を超える私の祖母は、北海道オホーツク海沿岸の小さなまちに<br />一人暮らししています。前回会ったのは3年前でした。<br />今年は電話するたび「年内に遊びにおいで」と言うので何かを感じ、<br />会いに行こうと決めました。他の家族は都合が合わずひとり旅です。<br /><br />羽田から女満別、女満別から網走、網走からさらに2時間以上の車移動。<br />過去には1日かけて陸路で行ったこともあります。<br />雄大な景色の中をゆく列車旅は素晴らしかったですが、<br />社会人になった私は時間の制約があり迷わず空路を選択。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-47-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/small20121122_142726.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-47-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/small20121122_142726.jpg" alt="small20121122_142726.jpg" border="0" width="420" height="315" /></a><br />網走駅構内の待合所<br /><br /><a href="https://blog-imgs-47-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/small20121123_075350.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-47-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/small20121123_075350.jpg" alt="small20121123_075350.jpg" border="0" width="420" height="315" /></a><br />働き者のおばあちゃんと、よく手入れされたストーブ<br /><br />前回会ったときよりひと回り小さくなったおばあちゃん。<br />北海道での一人暮らしはもうそんなに長くないと考えて、<br />今のうちに遊びにおいでと言ったのだと思います。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-47-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/small20121123_104400.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-47-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/small20121123_104400.jpg" alt="small20121123_104400.jpg" border="0" width="420" height="315" /></a><br />朝とれたてのカキをゆがく<br /><br />ある日おばあちゃんは古いアルバムの束を<br />大切そうに運んできました。<br />そこには若き日の祖父や、母の子供時代の写真がきちんと<br />並べてありました。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-47-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/small20121123_131300.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-47-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/small20121123_131300.jpg" alt="small20121123_131300.jpg" border="0" width="255" height="340" /></a><br />幼き日の母<br /><br />今更ですが、母は初めから私の母であったわけでなく<br />私と同じように子供時代があったのです。<br />そしておばあちゃんは、私の母の、おかあさんなのです。<br />そんな当たり前のことに、ドキンとしました。<br /><br />3泊だけの滞在でしたが、殆ど外に出ずおばあちゃんとの<br />語らいの時間を大切に過ごしました。<br /><br /><a href="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/2014030112170263c.jpg" target="_blank"><img src="https://blog-imgs-67-origin.fc2.com/f/r/e/freedomsounds/2014030112170263c.jpg" alt="small2012オホーツク海" border="0" width="420" height="315" /></a><br />帰りのバス車内から望むオホーツク海<br /><br />長生きしてね、おばあちゃん。<br />…私まだお嫁に行ってないんだし!
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。