FC2ブログ
プロフィール

ひろゑ

Author:ひろゑ
都内在住。
2011年9月より龍笛の稽古に
通いはじめました。

社寺を訪れたり、
草木などの自然を眺めることを
好みます。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

105

稽古十四日目

4月第1回目の稽古は年度始めということで、龍笛の生徒が同じ稽古部屋に集まりました。
このところ2ヶ所に分かれていたのでどれ位の人数になっているか不明でしたが、
20人そこそこの大所帯になっていてビックリです!
先生が今後の稽古の方針や、これまでも繰り返し説明されている
唱歌を覚えることの大切さ、皆の様子をみて感じたこと、
先生も皆から刺激を受けることはあるというような話をして下さいました。

この日の稽古は「ふりだしに戻って再スタート」。

<稽古の内容>
越天楽の唱歌
譜面の見方
指を動かす練習(和)
ロングトーンの練習(中の和を一人ずつ吹く)
越天楽の唱歌その2
越天楽の演奏

稽古そのものはいつも楽しく参加させて頂いています。
しかしながら、この雅楽会について言えば具体的な目標がないので、
やりがいとか、達成感というものは感じにくいのかも知れません。
初心者がほとんどの集まりなので何かを企画するにしても難しいとは思うのですが、
例えば三管で合奏練習する機会くらいあれば(現時点では年始の一回きり)
気分的にも違う気がするのです。

ひとまずは第1期生の募集が締め切られたので、毎回ふりだしからお稽古ということは
当分なさそうです。次回からは再び2部屋に分かれた稽古となるので、
人数が少ないうちに沢山稽古をつけてもらいたいと思います。
  • Date : 2012-04-05 (Thu)
  • Category : 雅楽
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。