FC2ブログ
プロフィール

ひろゑ

Author:ひろゑ
都内在住。
2011年9月より龍笛の稽古に
通いはじめました。

社寺を訪れたり、
草木などの自然を眺めることを
好みます。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

125

2012.08.17 鱧料理 三源庵

鱧(はも)が食べたい。

そう思い、東京を出発する前に食べログで調べ、店の予約をしていました。
京都市南区にある割烹 鱧料理専門店の「三源庵」です。
夜のお料理はどこも敷居が高い感じですが、
こちらの昼メニューは手頃な価格で鱧の代表的な料理が楽しめます。

昼限定20食の「京のはも膳」を頂いてきました。
記憶を頼りに紹介します。(^^;ゞ

はも膳①

右端は鱧の肝。臭みがなく口当たりなめらか。
中央は鱧の煮こごりと、鱧と相性がよいとされる玉葱を固めたもの。
左右の白っぽいのは鱧の卵。
奥のはおそうめんを固めた見た目にも涼しい一品。

はも膳②

香ばしく焼かれた鱧の皮ときゅうりの酢の物。
上に乗っているのは自家製菜の花の酢漬けだったかな?

はも膳③

鱧のお吸い物。やわらかな鱧が口の中でほどけます。
じゅんさいとみつばがよいアクセント。

はも膳④

待ってました、鱧料理の代表格・鱧の落とし。
茹で上げて氷で一気に冷やすのだとか。
鱧特有の食感が引き立つ調理法ですね。梅肉をつけてさっぱりと頂きます。
添えられたいちじくも涼しげ。

はも膳⑤

お店の名物・鱧のお寿司。しっかり味付けされて食が進みます。
一口サイズでぱくぱく頂いちゃいました。

はも膳⑥

鱧しんじょう。アツアツのところにレモンをキュッと。
甘みがあってもっちりした食感。結構ボリュームがあります。

うっかり写真を撮りそこねてしまいましたが、冷たいデザートもついていました。
ぶどうのシャーベットだったかな?
計7品。お腹いっぱい食べられました。

女将さんは丁寧に料理の説明をしてくれます。
笑顔と京ことばが素敵な美人さんです。
旅行客としては地元の方とのふれあいが何とも嬉しく。
タクシーで帰る際は、車が見えなくなるまで深々と頭を下げて見送ってくれました。

夏の京の味覚を存分に楽しませて頂きました。
本当に美味しかった。美味しいものは心を豊かにしますね。
ごちそうさまでした!
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。