FC2ブログ
プロフィール

ひろゑ

Author:ひろゑ
都内在住。
2011年9月より龍笛の稽古に
通いはじめました。

社寺を訪れたり、
草木などの自然を眺めることを
好みます。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

139

2012.11.22 北海道のおばあちゃんち

80を超える私の祖母は、北海道オホーツク海沿岸の小さなまちに
一人暮らししています。前回会ったのは3年前でした。
今年は電話するたび「年内に遊びにおいで」と言うので何かを感じ、
会いに行こうと決めました。他の家族は都合が合わずひとり旅です。

羽田から女満別、女満別から網走、網走からさらに2時間以上の車移動。
過去には1日かけて陸路で行ったこともあります。
雄大な景色の中をゆく列車旅は素晴らしかったですが、
社会人になった私は時間の制約があり迷わず空路を選択。

small20121122_142726.jpg
網走駅構内の待合所

small20121123_075350.jpg
働き者のおばあちゃんと、よく手入れされたストーブ

前回会ったときよりひと回り小さくなったおばあちゃん。
北海道での一人暮らしはもうそんなに長くないと考えて、
今のうちに遊びにおいでと言ったのだと思います。

small20121123_104400.jpg
朝とれたてのカキをゆがく

ある日おばあちゃんは古いアルバムの束を
大切そうに運んできました。
そこには若き日の祖父や、母の子供時代の写真がきちんと
並べてありました。

small20121123_131300.jpg
幼き日の母

今更ですが、母は初めから私の母であったわけでなく
私と同じように子供時代があったのです。
そしておばあちゃんは、私の母の、おかあさんなのです。
そんな当たり前のことに、ドキンとしました。

3泊だけの滞在でしたが、殆ど外に出ずおばあちゃんとの
語らいの時間を大切に過ごしました。

small2012オホーツク海
帰りのバス車内から望むオホーツク海

長生きしてね、おばあちゃん。
…私まだお嫁に行ってないんだし!
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。