FC2ブログ
プロフィール

ひろゑ

Author:ひろゑ
都内在住。
2011年9月より龍笛の稽古に
通いはじめました。

社寺を訪れたり、
草木などの自然を眺めることを
好みます。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
-

Trackback

Trackback URL

55

【2012.01.07 目黒雅叙園 -百段階段-】

元バスガイドの友人は、神社仏閣が好きだと言いながら
自分が暮らしている東京の社寺や歴史的な建造物はほとんど知らない私に
ぴったりのコースを考えてくれました。
明治神宮の次に訪れたのは目黒雅叙園(めぐろがじょえん)です。
案の定、今日訪れるまで全く知りませんでした。
目黒雅叙園は昭和6年に目黒に開業した料亭で、
国内初の総合結婚式場と言われています。
豪華絢爛な装飾が施されたその姿は、昭和の竜宮城と呼ばれたのだとか。
園内にある唯一の木造建築「百段階段」(実際は99段)と、
その階段沿いに作られた七つの座敷棟宴会場の内の四つが東京都指定の
登録有形文化財に登録されているそうです。

CIMG8661_small.jpg
館内撮影禁止のため、次回イベント予告のチラシより

先日観たばかりの源氏物語-千年の謎-で実際に使用された衣装が展示される
「源氏物語×目黒雅叙園 ~衣装が織り成す恋愛絵巻」というイベントが開催されていました。
このようなイベントがあることを知らずに訪れたので喜びも倍増。
そして百段階段へ向かう手前に、源氏物語の世界を人形で表現したコーナーがありました。
奇しくも管弦、舞楽のシーンです!
百段階段そっちのけで見入ってしまいました。
衣装から手に持つ雅楽器に至るまで、なんと精巧な作り…

CIMG8631_small.jpg

CIMG8633_small.jpg
龍笛を持っています。可愛らしい~

CIMG8636_small.jpg
青海波を舞う源氏と頭中将

CIMG8637_small.jpg
楽師その一

CIMG8640_small.jpg
楽師そのニ

百段階段の宴会場は映画「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルになった
と書かれていました。天井画に壁画、彫刻、ガラス工芸、どれも見事なものです。
ただでさえお腹いっぱいになるような金ピカ空間に源氏物語の華麗な衣装
(マネキンが着ています)が配置されて、もう何がなんだか状態でしたが(苦笑)
一見の価値ありです。お手洗いまで凄かった。
そういえば百段階段の外観って、どんなだったのだろう?
0

Comment

Comment Form

Comment Form
0

Trackback

Trackback URL

Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。